社長あいさつ

南日本汽船は昭和49年の創立以来、関係企業と共に力を合わせ、沖縄への海運物流を担い、約40年間 沖縄県の海運企業として邁進してまいりました。これもお客様をはじめ、関係企業皆様のご協力ならびに、ご指導の賜物と、心より感謝申し上げます。沖縄県は日本の都道府県で唯一、陸路で他の都道府県との往来不可の県である事から、海運による物資の輸送が大変重要な役割を果たしており、当社も昭和47年の沖縄日本復帰の2年後に会社を設立し、現在では定期航路として7府県から沖縄に、また全国から不定期船、チャーター船の配船をしております。近年、沖縄は色々な観点から注目を受ける地域となりました。自然や海、そして今や毎年約600万人が訪れる観光だけでなく、国内外の製造業や多様な企業からも進出がみられる様になり、当社も海運輸送を通して沖縄県の発展に寄与できればと考えております。今後とも社員一丸となり、お客様のニーズを一番に考え、信頼と実績を積み上げ、沖縄の地に根ざした地元企業として地域への貢献をふまえ、これまで同様、皆様のご指導、ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。南日本汽船 株式会社 代表取締役社長 多田 靖

南日本汽船は昭和49年の創立以来、関係企業と共に力を合わせ、沖縄への海運物流を担い、約40年間 沖縄県の海運企業として邁進してまいりました。

これもお客様をはじめ、関係企業皆様のご協力ならびに、ご指導の賜物と、心より感謝申し上げます。

沖縄県は日本の都道府県で唯一、陸路で他の都道府県との往来不可の県である事から、海運による物資の輸送が大変重要な役割を果たしており、当社も昭和47年の沖縄日本復帰の2年後に会社を設立し、現在では定期航路として7府県から沖縄に、また全国から不定期船、チャーター船の配船をしております。

近年、沖縄は色々な観点から注目を受ける地域となりました。自然や海、そして今や毎年約600万人が訪れる観光だけでなく、国内外の製造業や多様な企業からも進出がみられる様になり、当社も海運輸送を通して沖縄県の発展に寄与できればと考えております。

今後とも社員一丸となり、お客様のニーズを一番に考え、信頼と実績を積み上げ、沖縄の地に根ざした地元企業として地域への貢献をふまえ、これまで同様、皆様のご指導、ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

南日本汽船 株式会社 代表取締役社長 多田 靖

このページのトップへ